ヘイトスピーチを規制すべきって?ダブルスタンダードな沖縄タイムス

【木村草太の憲法の新手(3)】表現の自由(中)悪質な言論 人類への脅威 政府の適切な規制必要 2015年3月3日 13:18

http://www.okinawatimes.co.jp/cross/?id=220

2013年1月、沖縄県の41市町村の代表が東京に集い、政府に対して、オスプレイ配備や新基地建設に関する政府の強引な手法に抗議するデモ行進をした。このとき、「売国奴」などと聞くに堪えない罵倒を投げかける集団が登場したという。

18:50位からだが、確かに品は良くない。だが暴力などで威嚇しているわけではない。言い方には改善すべきと思うが、ヤジまで規制しては、何も言えない国になってしまいます。

さらに記事は続く。『 店や事務所の前、あるいは正当なデモ行進者に対して、過度な罵声を浴びせる行為は、侮辱罪や業務妨害罪になることも多いだろう。

■警察にじかに問う

 悪質なヘイトスピーチが放置される原因は、それを罰する 法律がないことにではなく、政府がそれを十分に取り締まらないことにある。だとすれば、新しい法律を作っても問題が解決するとは限らない。今必要なのは、 政府に、適切な取り締まりを求めることだろう。もっとも、闇雲に取り締まりを強化すれば、保護すべき表現までも萎縮する危険がある。

 こうした困難を打開するために、例えば、警察署と市民が参加するシンポジウムを開催して、「なぜ取り締まらないのか」を警察にじかに問うてみてはどうか。表現を規制する新法が本当に必要かは、そうしたチャレンジをしてから考えればよいと思う。

 この憲法学者は、侮辱罪や業務妨害罪をよく理解していなのか、誰かの名誉を傷つけていないし罰する法律がないので取り締まられないのだ。根拠となる法律もなく取り締まれというのだろうか?この憲法学者は。非常に怖い思想だ。

 なぜ取り締まられないのかというなら、沖縄米軍に対するヘイトスピーチだ。

  沖縄タイムスさん、このヘイトスピーチを無視して、ヘイトスピーチ規制を主張してはいけませんよ。最近違法テントがテントが撤去されたとのこと、それは良いニュースです。違法行為は取り締まりましょう。

 これらの記事でわかるとおり、言論統制したがるのは、サヨク思考の方たちです。彼らは自分のさじ加減で取り締まったり取り締まらなかったりするので、非常に危険な思想なのです。

抗議行動は「ヘイトスピーチ」と海兵隊幹部 正しいこと言っていますよ。それなのに批判する琉球新報

抗議行動は「ヘイトスピーチ」 海兵隊幹部、また暴言 2015年2月17日

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-239002-storytopic-271.html

 在沖米海兵隊のロバート・エルドリッジ政務外交部次長が、先月公開されたインターネット番組「チャンネル桜」に出演し、米軍普天間飛行場の周辺で繰り広 げられている抗議行動を「ヘイトスピーチ」と批判していたことが16日、分かった。さらに抗議行動について「県民、日本国民を代表しているとは思っていな いので安心してください」と述べた。
県民の多数が普天間飛行場の県外移設と早期閉鎖を求める一方、日米両政府が民意を無視して辺野古移設を強行する中、地元との対話も任務とする米軍幹部が市民の異議申し立てを「ヘイトスピーチ」と断じたことは、地元に対する姿勢が問われそうだ。

琉球新報は、「地元に対する姿勢が問われそうだ。」と言っているが、この米軍幹部は普通に正しいことを言っているのではないの?

実際、反対運動に来ている多くの人は、沖縄ではなく本土から、もしくは日本からではないかもしれない。抗議している人の中になぜかハングル文字。「民意を無視して」って県知事選で仲井眞氏に投票した約40%の人を無視ですか?琉球新報さん

実際はプロ市民による基地周辺の抗議活動に、沖縄地元県民は迷惑していますよ。米軍幹部の方は「また正しいことを言った」のではないの?