沖縄の反日活動家・メディアに不都合な事実 米軍岩国基地の大拡張 

毎日のように報道されている沖縄の普天間基地の辺野古への移設問題ですが、

逆に不自然に報道されていないのが、(安倍首相の地元県の)山口県岩国市の米軍海兵隊岩国基地の拡張工事です。
集団的自衛権閣議決定の裏で変貌を遂げる岩国基地(The Huffington Post Japan)
http://www.huffingtonpost.jp/tomoko-nagano/iwakuni-base_b_5562562.html

上の長野智子さんが書いているように、米軍岩国基地では

・拡張工事がかなりのスピードで進んでいる。極東最大の米軍基地に変貌中

・沖縄県普天間基地と神奈川県厚木基地から戦力が移転してくる

・沖縄の負担軽減策も軍備増強についても、唯一実現可能な方法は、岩国にもってくることになっている

・なぜか基地拡張に反対する運動活動は発生していない。

にもかかわらず、米軍岩国基地の拡張についてはメディアでほとんど報道されず、反日活動家も来ていません。

その理由として考えられるのが、沖縄での反日活動家・メディアにとって、この事実は不都合だからです。

沖縄の反日活動家とメディアが主張しているのは、「沖縄ばかりに米軍基地をおしつけるな」「本土の人も、沖縄の気持ちを理解して、普天間を沖縄県外に持っていって欲しい」「本土の人は沖縄の人の気持ちを理解していない」ということで、沖縄の被害者意識を強調、本土←→沖縄の心理的分断を図り、沖縄の独立機運を盛り上げようとしています。

しかし、現実には、本土であり安倍首相の地元である岩国で極東最大の米軍基地が誕生しようとしています。普天間基地の戦力の一部は岩国に移転してきて、沖縄の基地負担軽減となります。本土でも米軍基地の負担をしています。

不思議なくらいにこのことがメディアで触れられず、全国の活動家が岩国で基地反対運動を起こさないということは、米軍岩国基地の大拡張は沖縄の反日活動家・メディアに不都合な事実なのです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s