抗議行動は「ヘイトスピーチ」と海兵隊幹部 正しいこと言っていますよ。それなのに批判する琉球新報

抗議行動は「ヘイトスピーチ」 海兵隊幹部、また暴言 2015年2月17日

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-239002-storytopic-271.html

 在沖米海兵隊のロバート・エルドリッジ政務外交部次長が、先月公開されたインターネット番組「チャンネル桜」に出演し、米軍普天間飛行場の周辺で繰り広 げられている抗議行動を「ヘイトスピーチ」と批判していたことが16日、分かった。さらに抗議行動について「県民、日本国民を代表しているとは思っていな いので安心してください」と述べた。
県民の多数が普天間飛行場の県外移設と早期閉鎖を求める一方、日米両政府が民意を無視して辺野古移設を強行する中、地元との対話も任務とする米軍幹部が市民の異議申し立てを「ヘイトスピーチ」と断じたことは、地元に対する姿勢が問われそうだ。

琉球新報は、「地元に対する姿勢が問われそうだ。」と言っているが、この米軍幹部は普通に正しいことを言っているのではないの?

実際、反対運動に来ている多くの人は、沖縄ではなく本土から、もしくは日本からではないかもしれない。抗議している人の中になぜかハングル文字。「民意を無視して」って県知事選で仲井眞氏に投票した約40%の人を無視ですか?琉球新報さん

実際はプロ市民による基地周辺の抗議活動に、沖縄地元県民は迷惑していますよ。米軍幹部の方は「また正しいことを言った」のではないの?

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s